スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うはwww久しぶりすぎるw

…というわけで、昨日は友達に誘ってもらってAT-Xのイベントに参加してきました!
加入者しか応募できないというハードルの高いイベントだったのですが、誘ってもらって参加することができました~><
ありがとうございますっ!!
僭越ながら…レポートを…中村さんと吉野さんの部分のみですが書きたいと思います。
このイベントの模様はAT-Xで後日放送予定だそうですので、見れる方はお楽しみに。

全体的な感想としては、あっという間の4時間半でしたが・・・やっぱり長い4時間半でした。
飲食禁止だったので、お腹空くし…途中の休憩も眠気に戦ってた。
あと、小林ゆうちゃんが…ネ申でしたwww
本当に面白いなぁ~。可愛いしw

というわけで、拙い文章ですみませんが…一応、たたんでおくので、よければどうぞ。


★東京国際AT-Xフェア2009~春一番~★
キ●ンディーズの「春一番」をBGMにイベント開始。
舞台上の画面に、清水香里さんの罰ゲーム的なイベント司会決定の瞬間を映像で流れてた…かな??
そして、司会の清水さんが登場して、のっけからタイトルパクリじゃんとか…東京マラソン途中で抜けてきた人とか居ないかなぁ~とか客弄りしてました。
ゼッケン付けた人は流石にね…居なかったねw
そんなこんなでAT-Xのイベント開始↓↓


「アニメ女子部」@ゲスト:吉野裕行さん・中村悠一さん
・・・なんか、一番最初のコーナーでした。
司会の清水さんに「吉野裕行さんと中村悠一さんです、どうぞ~」と紹介されて登場。
中村さんは、黒のジャケットにジーンズ姿。
吉野さんは…なんだっけ…思い出せない(ぁ
登場のときはテンションが…そんなに高くもなく…「まぁ、後から紹介される番組の前説でしょ?」とか言ってました。

(以下、司会(清水さん)=司、吉野さん=吉、中村さん=中で省略します。)

司「『アニメ女子部』…「部」…部活動?…どんな活動してるんですか?」
中「まぁ、そうですね。女性の方に観ていただきたい…と言いつつですね。割とタフな作品を紹介することが多いですね。」
吉「え?タフな作品?」
中「僕の方は割りとタフな作品が多くてですね。」
吉「俺、『北へ。~Diamond Dust Drops~』とか紹介したけど、あれ…タフだったのかなぁ。(笑)」
中「僕は『デビルメイクライ』とかですね。」
吉「あ~タフですね。」
中「皆さん観てますか?」
客「観てます~(主に女子)」
中「男性の方は…」
客「観てます(主に男子)」
中「ほんとですか?…今、嘘付いたでしょ?」
司「ということは、お二人がそれぞれにそれぞれの番組をやっているということですかね?」
中「そうですね~ロケも一緒にやる事・・・ないね」
吉「無いね」
司「え?ロケもやってるんですか?」
中「いや、ロケはやってないです。」
吉「スタジオロケです。」
司「スタジオで…どんなことをしてるんですか?」
中「え~?」

会場笑い。

吉「まぁ、観てもらった通りなんですけど~。」
司「そんなに・・・そんなに、ゆるくていいんですか?私、結構…AT-X(の番組)で体はってますよ!」
吉「あぁ僕らは…なんかテキトーな感じですね。」
中「そうですね。」

司「適当!?えっ!?」

声が大きくなる清水さん(笑)

中「収録時間も短いですし。」
吉「うん、そうだね・・・あの、オンエアしてる時間くらいで終わるくらい。」

・・・とまぁ、収録時間の話をちょっとして、司会の清水さんが驚いてました。
S-1グランプリ(の事だと思いますが…記憶が曖昧)は1日掛けて収録したのに…と言ってたのが印象的。

で、番組でやってるコーナーを生でやってみようという企画が…。
んーっとタイトルは二人のコーナーをごちゃ混ぜにした感じでした。

■吉野・中村の「なんでも一筆入魂してやるぜ~!(続々)」■
そこで、映像が流れて…羽多野氏登場。←何故かエプロン姿だった…よね?

羽多野さんの悩み(相談事):お二人は大変おモテになると思うのですが、素敵な人に出会ったときにどうしたら女性にアプローチしたら自分の気持ちを伝えることができるか?

ということで、書道セットが用意されて半紙に回答を一筆入魂。

中村さんの一筆入魂。
「いつもの君で(はぁと)」
中村さん曰く、「彼(羽多野くん)は…あんなこと言ってますけど…いやぁ~手が早い。よくアフレコ現場でですね…僕なんかはシャイボーイなんで…」
ここで一同笑い。そして「客席に向かって、だから…俺の何を知ってるんだよ!!」と問いかける中村さんが印象的w
それに答えた吉野さんがぼそっと「え~俺は知ってるよ…」それに対して「いや、知ってますけど…」←超小声(ぁ
そんなこんなで軌道修正して「あの~羽多野さんは、ほんっとに女性声優さんの隣で饒舌に喋ってるんですよ!…あれを見て僕は正直、うらやましかったです。」
そういう意味合いをこめての一筆だそうです。

吉野さんの一筆入魂。
「オレすごいよ!」
一同爆笑。羽多野くんのいつもの台詞(?)っぽいっていう話をしてた。
羽多野くん言いそうな台詞ですけど…いろんな意味がありますよね。って感じでの一筆。


司:「わりとお二人ともスマートにまとまりましたね。」

そして、もう一つのコーナー。
■かっこよく言ってTRY■(※イベント特別コーナー)
これは、日常よく言う台詞など、かっこよく言う必要の無い言葉を、あえてかっこよく言うコーナー。
より、かっこよく言えた方が勝者。負けた方は番組の中で罰ゲームをしてもらう。
(勝敗は客席の拍手の量で決める)

中「でもさ、今日は(客席は)男性が多いから、求められて無い気がする」
…という発言から何故か『かっこよく言う』から『俺…抱かれてもいい』とか『これなら俺…イケるぜ』的な展開になったのは爆笑だった。
っていうか右に座ってた男性のウケ具合が尋常じゃ無かったよ(笑)

お題①「うち、ダーリンのこと…大好きだっちゃ」

お題だけで盛り上がる客席w

吉野さんが最初にチャレンジ。
ちょっと高めの声だったかな?
吉「つか、これ…日常的に言ってるのであまり…意味が無い」

司「日常的に…ですか?」
中「日常的には使わないだろ…この台詞」

吉「え~この間も言ったじゃん俺、車の中で。」
中「車の中で?」
吉「ほら、旅行の帰りに…」
中「旅行?」
司「何の旅行なんですか~」

そして思い出したのか、吉野さんが「あ~中村居なかったっけ。あ、途中で帰ったわ。ごめん。」とバッサリ切ったけどw
んでもって中村さんのチャレンジ。

なんか、息多めのセクシーボイスwwwwwwwww
あれ、耳元で言われたら腰に来ると思うんだ…というくらいやばかったw
会場は大うけ、司会の清水さんからは思わず「エロいですね~!」って(w

中「これはですね…小野大輔さんに…」
司「小野さん直伝の?」
中「『カッコイイ役は息が多いんだ!』と言われまして。」

吉「じゃぁ~これから俺も、現場で実践してもいいですか?」
中「いいと思います。」
吉「わかりました。」
中「まぁ、大体(音響監督から?)怒られるんですけどね。」

そして次のお題へ・・・

お題②「お●●のし●と●わを●わせてし●わせ…な●~」

某有名CMソングからw
これは・・・放送していいんですか?的な感じになって…。
司会の清水さんからも「皆さんブログに書かないでくださいね」って言われたのであえて伏字にしたよ!
これだったらいいよね??w


中村さんからのチャレンジ。
台詞を1つ飛ばしてしまったので、TAKE2までやった。

吉野さんのチャレンジ。
ちょっと低い声でやってた。若干息多めだった気がする~。


結果は中村さんの勝ちで、吉野さんは女子部で罰ゲームをすることになった。
最後に一言ずつ挨拶をして終了。
全体的に、30分くらいで終わったかなぁ~。
だいぶ端折ったけど、この様子はAT-Xで放送されるそうなので見れる方はどうぞご確認ください。

っていうか、大分違ってたらごめんw
あまりにも4時間半が長すぎたのと、小林ゆうさんがゲストの時がものすごくインパクトがありすぎて…。
あっち向いてホイで腹筋が痛くなるほど笑ったのは初めてかもしれない。
つか、小林ゆうさん…凄いね…私、ジャンフェスに続いて生で見るの2回目だけど…。
やっぱり凄い!!尊敬するわ。っていうか、結構少年の声好みだったwww



あ、あと帰りにお土産もらった。
おせんべぃw
画像は…めんどいので割愛。
スポンサーサイト

テーマ : イベント
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

★応援中★
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。